二次会景品に悩んだら

二次会でのゲームと景品

二次会でのゲームと景品 二次会でのゲームと景品は楽しく遊べて、みんなで盛り上がれるものがいいということがいえます。
となれば、ゲームは誰でも知っているもので、ビンゴなどがいいでしょう。
このゲームのいいところは、ワクワク感があることです。
ビンゴゲームでは誰にでも景品があたるチャンスがあり、しかも、何度でもそのチャンスが訪れるということがありますから、盛り上がります。
二次会としては最適といえるでしょう。
景品はあまり、大きなかさばるものは避けて、宝くじやテーマパークのチケットなどにしていくと、特に喜ばれることでしょう。
宝くじは持ち運びも楽ですし、何しろ夢があるので貰って誰も嫌な顔はしません。
ビンゴなどの景品でよくあるのは、折角当たっても邪魔になるものをもらうと、始末に困るというケースです。
このようなものをもらうと一瞬で現実に戻されて、部屋のどこに置こうかなどと考えてしまいます。
これではせっかくの二次会の盛り上がりを欠くことにもなってしまいます。
ですが、宝くじやテーマパークのチケットはこれからの夢が入っているようなものですから、これからの使い方を考えたりすることが出来て、夢心地を続けることが出来るので、とても喜ばれるというわけです。

二次会でのゲームと景品について

二次会でのゲームと景品について 二次会で行うゲームの選定と景品選びにはかなり悩みことになると思います。
初めて行うということもあり、2人を表現できる場でもあるので気合いが入るポイントでもあります。
ゲームと景品はどのような事をしたら良いか検討してみます。
まずはゲームについてです。
1、ビンゴ大会
2、じゃんけん大会
3、折り紙大会
次に景品についてです。
4、日用品を配る
5、普段購入しないような家電を配る
6、お菓子を配る
それぞれ具体的に検討していきます。
1、一般的なイベントです。
不正もなくみんなが楽しめるので、運用が楽にできます。
2、じゃんけんが強い、弱いが顕著に出てしまうので採用する人は少ないのが現状です。
出席者の年代や盛り上がり度合いによっては実施しても良いと思います。
3、例えばテーブル毎にお題を出して、折り紙で表現をしてもらいます。
折り紙を折るだけでなく、切る、貼るなどでも表現をしてもらい、全体で評価をしてもらい順位をつける方法です。
来場した方の一体感が生まれます。
4、日用品は毎日使うものですから、使い終わるまでは側に置いておいてもらえます。
使い終わったら処分ができるので、デザインを2人らしさを表現することができます。
5、コーヒーメーカーなど普段購入しないような物を配ることで盛り上がる商品になります。
6、高級なお菓子を配るという方法もあります。
二次会は2人の門出を祝いにきてくださった方へのお礼でもあるので、2人らしさを表現しつつ楽しんでもらえるようにすると良いです。

二次会の景品選びがスムーズに!

二次会の幹事を任された方は、二次会で催すイベントの景品に頭を悩ませているのではないでしょうか?
そんな方に、2次会の虎の二次会景品がお勧めです。
予算だけでなく、人気の商品もすぐにわかり、二次会で行うようなイベントのゲーム紹介などの情報も盛りだくさんです。